3月18日 日本時間1點36分的新聞

這次的關東大地震,使東北道觀東北的太平洋沿岸地區地面大幅下降。18號到下週,正逢潮汐滿潮的「大潮」時期,氣象局呼籲要注意沿岸地區海水浸水的情況。

經過這次的大地震,根據日本國土地理院的觀測,宮城縣三陸町地表降低了約75釐米,東北到關東一帶的太平洋沿岸廣大地區地面大幅下降。根據氣象局表示,這個月18號到26號正逢潮汐滿潮的「大潮」時期,災區一帶的海岸和河口一帶在滿潮時會有浸水之虞。18日岩手縣至茨城縣沿岸滿潮時間為,▽第一次約在凌晨2點50分~凌晨3點半左右,▽第二次在下午2點多到下午3點左右。日本氣象局海洋氣象課的海洋氣象情報室長渡部文雄呼籲:「與海嘯不同的是,潮位是慢慢上漲的,民眾撤離時無須太慌張。在海邊或河口一帶的工作的人請務必注意,在滿潮時刻的前後1小時請勿靠近海岸。」

(私家翻譯,可能有不正確的地方,請多比對底下原文)


気象庁 「大潮」浸水に注意を
3月18日 1時36分  
今回の巨大地震では、東北から関東北部にかけての太平洋沿岸で地盤が大きく沈下しました。18日から來週いっぱいは、満潮の時に潮位が高くなる「大潮」の時期を迎えることから、気象庁は、被災地の沿岸部では浸水や冠水に注意するよう呼びかけています。
今回の巨大地震では、國土地理院の観測で、宮城県南三陸町で地面がおよそ75センチ低くなるなど、東北から関東北部にかけて沿岸部の広い範囲で地盤が大きく沈下しました。気象庁によりますと、18日から今月26日にかけて、満潮のときの潮位が高くなる「大潮」の時期を迎えるため、被災地の海岸や河口付近では満潮の時間帯を中心に浸水や冠水のおそれがあるということです。岩手県から茨城県の沿岸の18日の満潮時刻は、▽1回目が午前2時50分ごろから午前3時半ごろ、▽2回目が午後2時すぎから午後3時ごろとなっています。気象庁海洋気象課の渡部文雄海洋気象情報室長は「津波とは違い、潮位はゆっくりと変化するので、慌てずに行動してほしい。海岸や河口付近で作業する場合は、満潮時刻の前後1時間は近づかないようにするなど、十分注意してほしい」と呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110318/t10014749911000.html

foglie 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()