ねね、他人のお宅に訪れる前、先に電話を掛けるのは基本なんだろう。

泊まることは言うまでもない。

先ほど伯父さんからのお電話を受けた。

「お父さんやお母さんがいないか。」と伯父さん。

「いないよ。外国へ遊びに行ったのだ。火曜日まで帰らない。」と私。

「そうか。あのさ、今伯母さんと台北駅にいるって、お宅に泊まろうとする。」と伯父さん。

「へえええええ?!今日?」と私。

「そう。」

「それは、、、、ちょっと、、、、」空きの部屋がないだって。もしかして、両親の部屋に?

「だめなら、伯母さんと台北駅にと泊まらなければよね。」

何だそりゃ!私に恐喝?

「えと、なんか、明朝学校へ戻らなければならないから、ちょっと」

「そう?じゃ、明朝伯母さんと帰らなければね。」

、、、、やはり家に泊まるつもりか。

「もう食べた?晩御飯を。」と伯父さんは話題を変えた。

「へ?あ、まただ。」

「じゃ、一緒にしろうよ。伯父さんが招待するよ」

「いや、あの、家にまたご飯とかあるから。」

「うん、分かった。じゃ、後でお菓子なんか招待してくれるよ。」と伯父さん。

「へ?」家にはお水しかないのだ。

「じゃ、後でね。」と伯父さんが先に電話を切った。

「へ?」

へえええええええ!なにこりゃ!!!!!!!!

foglie 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()